パークゴルフのティショットであげ玉を打つ方法

パークゴルフをやっているとはじめのうちは転がしでも十分楽しいのですが、上手な人がロングホールでスコーンとあげ玉で遠くまで飛ばすのみると憧れちゃうもんです。いざやってみようと思ってもなかなかうまくいかないんですよね。

でも大丈夫!ポイントさえ押さえれば誰でもあげ玉を打てるようになりますよ。

ポイント①スタンス位置とフェイスの向き

IMG_3057

上の画像のようにボールと左足のラインが同じくらいの位置にスタンスをおくと、

IMG_3054

フェイスは真正面でボールをとらえることになりますよね。なので打球はあがりません。

IMG_3059

画像のように左足をボールより後ろに置いてみましょう。

IMG_3055

あら不思議、フェイスが上向きでボールをとらえています。このまま打てば必然的にボールは上がりそうですよね。

ポイント②体の軸と顔

スタンス位置が決まったら、後は体の軸をぶらさずにスイングし、顔は打ち抜くまでボールをみることがポイントですね。あとは力まないこと。力いっぱい打つ場面なんてそうないと思います。きれいに当てることを一番に考えましょう。芯に当たると意外と飛距離はのびますよ。

ポイント③上げやすいクラブ

基本的にどんなクラブでも上げ打ちはできるのですが、上げやすいクラブっていうのは存在します。それはどんなクラブかと言うと、低重心のクラブです。低重心で代表的なクラブと言うとやはりホンマさんのクラブですね。総重量はそんなに重くないのですが、実際にスイングしてみると非常にヘッド部分が重たく感じます。ヘッドの重みを感じながら綺麗にスイングすることで、打球が上がり飛距離も伸びると思います。

【合わせて読みたい記事】ホンマのパークゴルフクラブの2019年モデルがついに発表!

打ってみましょう!

どうでした?打てそうな気がしませんか?繰り返しの練習が大事ですよ!

それでもうまく行かない方、「みんパゴチャンネル」の西條さんにコツを教えていただいたので、みなさんにもシェアします!この動画をみればバッチリ!

【合わせて読みたい記事】パークゴルフでロブショットを打つ方法

練習に最適な打ちっぱなし練習場

何度も何度も微調整しながら練習することで、あげ玉を狙ったところに打てるようになると思います。コースに出ているとなかなかそうもいきません。そんな時はやっぱり打ちっぱなし練習場が最適です。ティショットを延々と打ち続けられるので、いろいろ試せます。是非、お近くの練習場で体験してみて下さい。

【富山県】

パークゴルフ専門店「ティショット」 高岡市赤祖父52-3 

 

【北海道】

山の手パークゴルフ練習場」 札幌市中央区宮の森3条8丁目2-30 

 

ダルパーク」 旭川市永山1条14丁目1-16