パークゴルフでロブショットを打つ方法

前回はライナー系の上げ球について取り上げましたが、今回はロブショットです。上手な人がラフからポーンとボールを上げてリカバリーするのをみて憧れている人も多いはず。・・・では、やってみますか!

【合わせて読みたい記事】パークゴルフのティショットで上げ球を打つ方法

ポイント①手首の向き

IMG_3181

普通にいつもどおりに構えると、上の画像のように左手の甲が目標方向に向いていると思います。これをどうするかと言うと・・・

IMG_3182

 

左手をクイッとひねって手の甲を上に向けます。そうするとフェイスが斜めを向きます。当然このまま打つと変な方向へと飛んでいってしまいますよね。

ポイント②スタンスの位置

IMG_3183

 

そこで、フェイス面が目標方向に向くようにスタンスをもってくるんです。上の画像のようにオープンスタンスになります。じゃあ、これでどうやって打つの?って話ですが・・・

ポイント③斜めに切るようにスイング

s-InkedIMG_3183 - コピー_LI

上の画像の黄色のラインがスイングラインです。ボールの飛ばしたい方向に対して、フェイスの向きをそのままに斜めに差し込みます。では、やってみましょう!

どうですか?できそうでしょ?繰り返し練習すればできるようになりますよ!

どうしてもできない方、「みんパゴチャンネル」の西條さんに打ち方のコツを教えていただいたので、みなさんにもシェアします!

ちなみに使用クラブはミズノさんの「MS-303」です。最新モデル「MS-305」も性能はほぼ変わりませんよ!とっても扱いやすいクラブでおすすめです。